ryomadna.net

世の人はわれをなにともゆはゞいへ わがなすことはわれのみぞしる

02. 11月15日

運命の日

坂本龍馬最後の日は、午後からその動きを知ることができます。

慶応3年(1867年)11月15日の天気は、朝から雨がふっていましたが午前9時ごろにはやみ、午後はふったりやんだりしていました(「十五日甲子 雨降 辰半後雨休 午後晴雨交 雲南行」『嵯峨実愛日記:原題続愚林記』)。

午後3時ごろ、龍馬は近江屋近くの大和屋に下宿する土佐藩参政・福岡藤次のもとを訪れました。しかし、福岡は不在で、午後5時ごろに再び訪れますが、まだ戻っていませんでした。

このとき福岡の従者が、「先ほど名札を持った使者が、坂本先生はお宅に来ていませんか、とたずねてきました」とつげたといいます。

帰りぎわ、龍馬は留守をしていた福岡の愛人おかよに、「福岡先生のお帰りは遅くなる。帰るまで、僕の宿に話しにおいで」と声をかけました。誘われたおかよは行こうとしましたが、従者に引き止められたので断り、その夜の危難をまぬがれることができたといいます(「福岡子爵未亡人より実話を拝聴」『雋傑坂本龍馬』)。

龍馬が近江屋に戻ると、陸援隊長の中岡慎太郎がたずねてきました。

中岡も龍馬と同じくこの年の2月に脱藩罪を赦免されており、土佐藩の支援のもと京都白川に浪士を集めた陸援隊を組織しました。龍馬の大政奉還に対し、中岡は武力討幕を信条として意見の対立はありましたが、このころには理解をしめし協力関係をむすんでいました。

この日の訪問は、前年9月に新選組にとらえられていた土佐藩上士・宮川助五郎の身柄引き取りについて相談するためでした。

龍馬は2階奥の8畳間で床の間を背にしてすわり、火鉢と行灯を間にはさんで中岡の話を聞きました。表の間では従僕の山田藤吉が、内職の楊子削りをしています。藤吉は元相撲取りで、海援隊隊士の長岡謙吉に可愛がられており、その縁で龍馬の世話をするようになっていました。

龍馬と中岡が語りあっているところに、大坂へ出張していた海援隊士の宮地彦三郎が、帰京の報告に近江屋をたずねてきました。

宮地が階下からあいさつすると龍馬は2階から大声でねぎらい、中岡も「彦三郎、上がって来い」と立ち寄るように誘います。帰途だった宮地は、「ひとまず宿に帰り、旅装を解いた後で伺います」と階下から返答し、下宿に帰っていきました(『宮地彦三郎真雄略伝』)。

宮地の話からは、ふたりに警戒している雰囲気は感じられません

ついで午後7時ころ、書店「菊屋」の息子・峰吉がやってきます。中岡に頼まれた書状を錦小路の薩摩藩邸に届け、その返事をもって近江屋に届けにきたのでした(「菊屋峰吉談話」『坂本龍馬関係文書』)。ほとんど同時に土佐藩下目付・岡本健三郎があそびにきて、雑談に加わりました。岡本は、龍馬と行動をともにしていた同志で、この年の越前福井行きにも同行しています。

3人はしばらく話をしていましたが、午後8時ころになって空腹をおぼえた龍馬は、峰吉に軍鶏を買ってくるように命じました。買い物を引き受けた峰吉が出かけると、それをしおに岡本も近江屋を辞去しました。

四条通りでふたりは別れ、峰吉は四条小橋の際にある肉屋「鳥新」に向かいます。あいにく軍鶏は売り切れで、用意までに30分ほどかかり、峰吉が引き返したのは午後8時をすぎていました。

その間に惨劇はおこりました。

【宮川助五郎】
土佐藩士。家格は馬廻役という上士であったが、土佐勤王党に加盟して尊攘運動に奔走。文久2年(1862年)、山内容堂の護衛を目的とした五十人組を結成し、総組頭として江戸に出る。慶応2年(1866年)9月、三条大橋の制札を破棄しようとして新選組に捕縛されたが、のちに土佐藩に引き渡された。戊辰戦争に従軍して戦功を立て、明治3年(1870年)3月に死去した。

【岡本健三郎】
土佐藩士。後年の松平春嶽の回顧によれば、文久2年(1862年)に龍馬とともに勝海舟への紹介状を求めたとある。慶応3年(1867年)10月、松平春嶽の上洛を求める龍馬に同行して越前福井を訪れ、三岡八郎(由利公正)との会談に同席した。維新後は大政官権判事、大蔵大丞を歴任したが、明治6年(1873年)、征韓論に敗れて下野。板垣退助らとともに民選議院設立建白書作成した。晩年は実業界に入り、日本郵船会社の理事などをつとめた。

【菊屋峰吉】
土佐藩御用達の書店菊屋の長男。龍馬や中岡慎太郎に「峰や」と呼ばれ、可愛がられていた。近江屋事件では、龍馬の使いで出ていたため難をまぬがれており、事件を白河陸援隊屯所に知らせている。明治10年(1877年)の西南戦争では、熊本鎮台司令長官谷干城の知遇を得て、会計方軍夫として従軍した。

菊屋峰吉
菊屋峰吉

▲ 一番上にもどる