ryomaDNA

チラシのウラです。

才谷梅太郎と石川清之助

近江屋事件 慶応3年(1867年)11月15日、京都河原町通蛸薬師下ル近江屋で、土佐藩海援隊長・坂本龍馬と陸援隊長・中岡慎太郎が何者かによって殺害されました。龍馬はほぼ即死、取り次ぎに出た従僕の山田藤 [……]


近江屋

運命の日 坂本龍馬最後の日である慶応3年(1867年)11月15日は、午後からその動きを知ることができます。 この日の天気は、朝から雨がふっていましたが午前9時ごろにはやみ、午後はふったりやんだりし、 [……]


龍馬遭難時の佩刀と拳銃

コナクソ!! 峰吉たちが近江屋を出て少しして、表で来意をつげる声がありました。藤吉が応対に出ると、そこには1人の男が立っており、「信州松代(十津川郷とも)のものだが、才谷先生にお目にかかりたい。どうぞ [……]


ホームズ

残された遺留品 坂本龍馬・中岡慎太郎の暗殺現場には、刺客のものと思われる刀の鞘が1本と下駄が2足残されていました。鞘は黒塗りで、下駄には祇園「中村屋」と下河原町「噲々(カイカイ)堂」の焼印がおされてい [……]


おたずね者

見廻組今井信郎説 龍馬には寺田屋遭難で伏見奉行所の同心を殺傷した罪があり、京都守護職・松平容保の特命を受けた京都見廻組が捕縛に向かい殺害したとする説です。実行犯のひとりである今井信郎が、裁判にかけられ [……]


今井信郎

今井信郎 -坂本龍馬殺害者- 今井信郎は、天保12年(1841年)10月2日、江戸本郷湯島天神下の幕臣・今井安五郎の長男として生まれました。安政5年(1858年)、直心影流・榊原鍵吉の門下に入り、3年 [……]


今井信郎

葉山の御夢 月日は流れ幕末も遠い昔となったころ、維新志士の存在は人びとの記憶から忘れ去られていました。政府に顕彰され、伝記『汗血千里駒』も出版されましたが、坂本龍馬の名も地元で知られている程度のもので [……]


谷干城

近畿評論を駁す 『近畿評論』5月号(第17号、明治33年)に掲載された今井信郎の告白記事は、土佐閥の重鎮となっていた谷干城の知るところになりました。このときには「皇后の瑞夢」で坂本龍馬の名は有名になっ [……]


今井信郎

暗殺に非ず 谷干城の批判に対し、今井信郎は表だって意見することはありませんでしたが、明治42年12月17日の日付で大阪新報の記者・和田天華が送った質問に答えています。 「龍馬暗殺に関し今井信郎答書」『 [……]


組み合わせ角に桔梗紋

見廻組今井信郎説まとめ 《実行》 ・指揮: 佐々木只三郎 ・襲撃班: 今井信郎、渡辺吉太郎、桂隼之助 ・見張班: 高橋安次郎、土肥仲蔵、桜井大三郎 《黒幕》 京都守護職・松平容保 《動機》 謀反(伏見 [……]


渡辺篤

渡辺篤 -阪本龍馬を殺害した老剣客- 渡辺篤は、天保14年(1843年)12月18日、京都二条御門番組与力の渡辺時之進(均)の長男として生まれました。名は一郎、字は子信。 13歳で剣術をはじめ円明流、 [……]


渡辺篤

渡辺家由緒暦代系図履暦書 大正4年(1915年)8月5日付の大阪朝日新聞に掲載された渡辺篤の記事には、もとになった履歴書が存在しました。『渡辺家由緒暦代系図履暦書』と題し、明治44年(1911年)8月 [……]


渡辺篤

老人の夢物語 元京都見廻組・渡辺篤の坂本龍馬暗殺に関する証言の信ぴょう性には疑問の余地があり、「今井信郎証言の空白となっている部分を埋める真実を語った」とするものと、「人びとの注目を引きたい渡辺篤が作 [……]


新選組旗

実行犯は原田左之助、黒幕は三浦休太郎 坂本龍馬・中岡慎太郎暗殺事件の犯人として当時最も有力だったのが新選組説でした。実行犯は十番組長・原田左之助ら新選組隊士、黒幕は紀州藩士・三浦休太郎です。 事件直後 [……]


陸奥陽之助

告発 土佐藩は小目付・谷干城の調査によって、坂本龍馬暗殺の犯人は新選組の原田左之助と断定します。そして参政・福岡藤次が、幕府老中・板倉勝静に対し新選組を訴えました。 そのさい土佐藩としては復讐論をとら [……]


▲ 一番上にもどる