ryomadna.net

世の人はわれをなにともゆはゞいへ わがなすことはわれのみぞしる

坂本龍馬年表 (八)

慶応三年(1867年)33歳
7月1日 中岡慎太郎とともに十津川屋敷へ行き、「松本楼」に後藤象二郎を訪ねる。(『寺村左膳道成日記』)
7月4日 長岡謙吉とともに京都から大坂に下る。(『海援隊日史』)
7月5日 大坂に到着する。(『海援隊日史』)
7月6日 長崎でイギリス軍艦イカルス号水兵殺害事件が起こり、海援隊士に疑いがかけられる。(『保古飛呂比』)
7月9日 薩摩藩士黒田了介・永山弥一郎の訪問を受ける。(『保古飛呂比』)
7月中旬 幕府による兵庫商社設立に対し対抗策を案出する。(『忠義公史料』)
7月20日 京都に戻る。(『行々筆記』)
7月25日 大極丸船員による殺人事件の対処法について西郷吉之助を訪ねる。(7月25日付西郷隆盛書簡)
同日 高松太郎に大極丸事件について手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
7月27日 福岡藤次と宇和島藩主伊達宗城に拝謁する。(『伊達宗城在京日記』)
7月29日 松平春嶽から山内容堂宛の親書を届けるため、土佐へ向かう佐々木三四郎を追って京都から大坂へ下る。(『行々筆記』)
8月1日 佐々木三四郎を追って薩摩藩船三邦丸に乗り込み、そのまま土佐に向かう。(『保古飛呂比』)
8月2日 三邦丸、須崎港に入港。龍馬は上陸せず、土佐藩船夕顔に潜伏する。(『保古飛呂比』)
8月5日 長岡謙吉と寺田屋登勢に土佐到着を知らせる手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月8日 イカルス号事件は長崎での審問が決定し、ハリー・パークスは横浜へ向かう(『保古飛呂比』)
同日 兄・権平にイカルス号事件を伝え、無銘了戒の刀を所望する手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月12日 佐々木三四郎・岡内俊太郎らとともに夕顔丸で長崎に向かう。(『保古飛呂比』)
8月14日 下関に寄港した夕顔丸を下船し、佐々木三四郎にお龍を紹介する。夕方より夕顔丸は長崎に向けて出港する。(『保古飛呂比』)
同日 三吉慎蔵に下関到着を知らせ、雄藩による連合艦隊編成を説く手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月15日 長崎に到着した夕顔丸から下船。佐々木三四郎の宿にて松井周助・岩崎弥太郎を交えて談ずる。(『保古飛呂比』)
8月16日 佐々木三四郎・岩崎弥太郎と会談し、イカルス号事件の処置について協議する。(『保古飛呂比』)
同日 陸奥陽之助に手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月17日 岩崎弥太郎を訪ねて面談する。(『瓊浦日歴』)
同日 佐々木三四郎を訪ねる。(『保古飛呂比』)
同日 中井庄五郎に贈る青江吉次の刀の添え状を書く。(同日付龍馬書簡)
8月18日 佐々木三四郎を訪ね、横笛丸呼び出しの件について論ずる。(『思出艸』)
同日 龍馬ら佐々木三四郎とともに立山役所に出頭する。(『瓊浦日歴』)
8月19日 岡内俊太郎を中島作太郎方に招く。(同日付龍馬書簡)
8月20日 料亭「玉川」で佐々木三四郎に木戸準一郎を紹介する。(『保古飛呂比』)
8月21日 岩崎弥太郎に長州藩船修理費用の融通を依頼する。(『瓊浦日歴』)
同日 海援隊の探索費用として佐々木三四郎から8両2分を受け取る。(『保古飛呂比』)
同日 岡内俊太郎に長州藩船の出港予定を報告する。(同日付龍馬書簡)
8月23日 岡内俊太郎に来訪を求める手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月24日 佐々木三四郎らと横笛丸の呼び出しを協議し、石田英吉らの派遣を決定する。(『保古飛呂比』)
同日 佐々木三四郎に石田英吉への金銭援助を依頼する手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
8月25日 佐々木三四郎に石田英吉を派遣し、20両を受領する。(『保古飛呂比』)
同日 龍馬ら佐々木三四郎を訪ねる。(『保古飛呂比』)
同日 岩崎弥太郎も訪問する。(『保古飛呂比』)
8月26日 佐々木三四郎に木戸準一郎の土佐批判を伝える手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 夕刻より佐々木三四郎を訪ね、ともに「藤屋」へ赴く。(『保古飛呂比』)
8月27日 福原往弥らの訪問を受け、佐々木三四郎にその旨を報告する。(同日付龍馬書簡)
同日 岩崎弥太郎に福原往弥らを紹介する。(『瓊浦日歴』)
8月28日 佐々木三四郎を訪ねそのまま宿泊する。(『保古飛呂比』)
8月29日 佐々木三四郎と昨夜来の話を寝所で続ける。(『保古飛呂比』)
8月30日 岩崎弥太郎を訪れ国事を談じた後、「嘉満楼」へ行く。(『瓊浦日歴』)
同日 佐々木三四郎を訪ね、キリシタンを利用した討幕案を語り合う。(『保古飛呂比』)
9月1日 早朝から佐々木三四郎の病気見舞いに行き、帰宅後再訪する。(『保古飛呂比』)
9月2日 横笛丸が長崎に到着。佐々木三四郎はその旨を役所に届け、龍馬の宿「弘瀬屋」を訪ねる。(『保古飛呂比』)
9月3日 松井周助とともに西役所での横笛丸乗組員の取り調べに立ち会う。(『遠い崖』)
同日 龍馬ら審問終了後に清風亭で尾崎三良らを交えて盃を交わす。(『保古飛呂比』)
9月4日 佐々木三四郎、佐々木栄の帰着に始末書を奉行所へ提出した後、龍馬とともに「内田屋」へ赴く。(『保古飛呂比』)
9月5日 龍馬ら佐々木三四郎を訪ね、それから西役所へ行く。(『保古飛呂比』)
同日 安岡金馬の招きを断る。(同日付龍馬書簡)
9月上旬 佐々木三四郎訪問中に海援隊の揉め事の報告を受け、中島作太郎を呼び論告する。(『勤王志士佐々木老候昔日談』)
9月6日 船の借り入れとライフル銃1000挺購入のために外出し、その後に訪問する旨を佐々木三四郎に伝える。(同日付龍馬書簡)
9月7日 佐々木栄らの処遇を佐々木三四郎に伝える手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
9月8日 佐々木三四郎の招きで「内田屋」に赴き慰労される。(『保古飛呂比』)
9月9日 「藤屋」で佐々木三四郎と面談する。(『保古飛呂比』)
9月10日 佐々木三四郎と西役所へ出頭。佐々木栄らの無罪裁定を受け、それより「内田屋」で祝杯をあげる。(『保古飛呂比』)
9月11日 奉行所へ提出する書類の草稿を書く。(『保古飛呂比』)
同日 土佐商会員による外国人傷害事件が起こり、佐々木三四郎と協議の上奉行所に自首させる。(『保古飛呂比』)
9月13日 ライフル銃の代金を整え、買い付けを陸奥陽之助に任せる。(『保古飛呂比』)
同日 陸奥陽之助に佐々木三四郎の宿へ行くようにとの手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
9月14日 岩崎弥太郎に土佐経由で大坂に向かうことを告げる。(『瓊浦日歴』)
同日 海援隊、龍馬名義でハットマン商社とライフル銃1300挺購入の契約を結ぶ。(『海援隊商事秘記』)
9月15日 龍馬ら出帆に備えて震天丸に銃器を積み込むが、オールトの依頼で出帆を延期する。(『海援隊商事秘記』)
9月18日 佐々木三四郎に預けていた木戸準一郎の手紙の返却を求める手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 岡内俊太郎・尾崎三良・千屋寅之助らと震天丸に乗船し、長崎を出港する。(『尾崎三良自叙略伝』)
9月20日 震天丸、下関に寄港する。(同日付龍馬書簡)
同日 伊藤俊輔と面談する。(同日付龍馬書簡)
同日 木戸準一郎に土佐藩への銃器搬入と藩論変更に言及した手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
9月22日 震天丸、土佐に向けて下関を出帆する。(9月22日付伊藤博文書簡)
9月23日 中島作太郎・尾崎三良とともに土佐に下船。中城家で入浴後、再び船に戻る。(『随聞随録』)
同日 岡内俊太郎を渡辺弥久馬のもとへ派遣し、翌日の面会を取り付ける。(岡内俊太郎追憶書簡)
9月24日 渡辺弥久馬、龍馬と会えずに帰宅する。(『斎藤利行日記』)
同日 渡辺弥久馬に薩長の動きを知らせ、面会を求める手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
9月25日 渡辺弥久馬・本山只一郎・森権次と会談する(『斎藤利行日記』)
9月27日 本山只一郎に藩論の統一とライフル銃購入を促す手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
9月28日 戸田雅楽を伴い実家に帰る。(『尾崎三良自叙略伝』)
10月1日 龍馬らを乗せた震天丸、浦戸港を出帆するが、悪天候のため須崎港に引き返す。(『保古飛呂比』)
10月3日 高松太郎に出港延期の可能性を伝える手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 大政奉還の建白書が提出される。(『徳川慶喜公伝』)
10月5日 龍馬らを乗せた空蝉丸、浦戸港を出帆するが暴風のため機関を損じ、須崎港に引き返す。(10月14日付岡内俊太郎書簡)
同日 吉井幸輔に神崎則休の遺刀を贈る旨の手紙を書く。(推定。同日付龍馬書簡)
10月8日 空蝉丸、兵庫に入港する。(『寺村左膳道成日記』)
同日 龍馬一行、大坂入りして「薩摩屋」で同志と面談する。(10月14日付岡内俊太郎書簡)
10月9日 中島作太郎と京都へ上り、材木商「酢屋」に投宿する。(10月14日岡内俊太郎書簡)
同日 兄・権平に大坂到着を知らせる手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
10月10日 龍馬・中島作太郎・岡内俊太郎、白川藩邸に中岡慎太郎を訪れ諸藩の様子を尋ねる。(10月14日岡内俊太郎書簡)
10月11日頃 後藤象二郎に銀座移転論を述べた手紙を書く。(推定。10月付龍馬書簡)
同日頃 後藤象二郎に金20両の借用を申し込む。(推定。年次無記入龍馬書簡)
10月13日 「酢屋」から「近江屋」に宿を代える。(『岡内の書簡抄』)
同日 登城前の後藤象二郎に決死の覚悟を促す手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 後藤象二郎から覚悟のほどを伝える返書が届く。(同日付龍馬書簡)
同日 後藤象二郎から大政奉還を伝える手紙が届く。(同日付龍馬書簡)
同日 「討幕の密勅」が薩長両藩に下される。(『大久保利通日記』)
10月14日頃 尾崎三良、龍馬の意を受けて「新官制擬定書」を作成する。(『尾崎三良自叙略伝』)
同月中 御陵衛士の伊藤甲子太郎・藤堂平助の訪問を受け、同席していた中岡慎太郎とともに身辺警戒の忠告を受ける。(『池田徳太郎事歴』)
10月15日 朝廷、幕府の大政奉還を受理する。(『徳川慶喜公伝史料編』)
同日頃 林謙三と面談し大政奉還後の見通しを語る。(『男爵安保清康自叙伝』)
10月16日 神山左多衛と出会い、後藤象二郎を訪ねた後、「松力」にて神山・田中幸助と酒を酌み交わす。(『神山左多衛雑記』)
10月17日 吉井幸輔から「近江屋」よりの転居を勧められる。(10月18日付望月清平宛龍馬書簡)
10月18日 望月清平に転居先の周旋を依頼する手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 御陵衛士の屯所「月真院」を訪れる。(『史談会速記録』)
10月19日 いろは丸賠償金再交渉のため中島作太郎を長崎に派遣する。(『坂本龍馬海援隊始末』)
同日 土佐に出立する望月清平を伏見まで送る。(『坂本龍馬伝』)
10月22日 陸奥陽之助に仙台の国産取引に関する手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
10月23日 後藤象二郎から越前福井行を依頼される。(10月24日付岡本健三郎宛龍馬書簡)
10月24日 岡本健三郎に福井出立時刻を伝え、ともに旅立つ。(同日付龍馬書簡)
10月28日 福井に到着し、村田巳三郎と面談する。(『越前藩幕末維新公用日記』)
10月30日 松源太郎・三岡八郎(由利公正)と面談する。(『越前藩幕末維新公用日記』)
11月1日 越前藩主松平春嶽に拝謁し、後藤象二郎からの上京要請を伝える。(『由利公正覚書』)
11月2日 三岡八郎の来訪を受け、朝から深夜まで新政府財政策を聞く。(『由利公正覚書』)
11月3日 龍馬ら福井を出立する。(『由利公正覚書』)
11月5日 京都に到着する。(『由利公正覚書』)
11月7日 陸奥陽之助に与三郎の長崎行について注意を与える手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
11月10日 福岡藤次とともに永井尚志を訪ねるが会えずに帰る。(『神山左多衛雑記』)
同日 散歩中の中村半次郎と出会う。(『京在日記』)
同日 広島藩士林謙三に返書を書く。(同日付龍馬書簡)
同日 順助に100両の返金を求める手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
11月11日 朝、幕府大目付永井尚志を訪ねて面談する。(同日付龍馬書簡)
同日 夜、永井尚志と面談する。(『神山左多衛雑記』)
同日 林謙三に永井尚志との面談を伝える手紙を書く。(同日付龍馬書簡)
11月13日 王政復古確立のため岡内俊太郎を土佐に、中島作太郎を長崎に派遣する。(『後藤象二郎』)
11月14日 朝より潜居先の近江屋土蔵から母屋2階に移るという。(『坂本龍馬関係文書』)
同日 永井尚志を訪ねて面談する。(『丁卯日記』)
同日 坂本清三郎に長崎行の船便があることを伝える手紙を書く。(『土佐維新史料』)
同日 寺田屋お登勢、龍馬の身を案じて近江屋に使いを差し向ける。(『謹デ申上奉候覚書』)
11月15日 福岡藤次の下宿を午後3時と5時の2度にわたって訪ねる。(『雋傑坂本龍馬』)
同日 夕刻、中岡慎太郎と面談し、菊屋峰吉と岡本健三郎も訪れる。(『殉難録稿』)
同日 伏見から帰京の宮地彦三郎が来訪し、挨拶を交わす。(『宮地彦三郎真雄略伝』)
同日 淡海槐堂の訪問を受けるという。(『淡海槐堂先生略伝』)
同日 菊屋峰吉、龍馬に頼まれて軍鶏を買いに出かけ、岡本健三郎も近江屋を辞去する。(『維新史跡図説』)
同日 龍馬・中岡慎太郎、近江屋の2階で刺客に襲われ、龍馬はほぼ即死する。(『寺村左膳道成日記』)
11月16日 刺客の名札を取り次いだ際に斬られた山田藤吉が死亡する。(11月18日付宮地彦三郎書簡)
11月17日 負傷していた中岡慎太郎、午後になって絶命する。(11月18日付宮地彦三郎書簡)
同日 大坂の海援隊士、悲報を受け近江屋に駆けつける。(『海援隊日記』)
同日 龍馬・中岡慎太郎・山田藤吉の遺骸、夜に東山の霊山に埋葬される。(『海援隊日記』)
11月27日 長崎の海援隊士のもとに訃報が届けられる。(『保古飛呂比』)
12月2日 下関のお龍、佐柳高治から龍馬の死を知らされる。(『三吉慎蔵日記』)
慶応4年(1868年)
7月1日 高松太郎、権平・乙女・春猪に宛てて龍馬の死を知らせる手紙を書く。(同日付高松太郎書簡)

▲ 一番上にもどる