まにまにまに

龍馬誕生

坂本家の系譜

天保9年(1838年)に書かれた坂本家の『先祖書差出控』によると、先祖は山城国の浪人・坂本太郎五郎といい、戦国時代に土佐国長岡郡才谷村に移り住み「大濱」を称したとある。家伝では、太郎五郎は美濃源氏土岐氏庶家の近江国坂本城主・明智左馬之助秀満の一門で、山崎の合戦に敗れて城が落ちたさい、壷いっぱいの黄金をもって土佐に逃れ才谷村に移り住んだという。

初代・太郎五郎はこの地で1町48代5歩の土地を耕し、2代・彦三郎、3代・太郎左衛門とつづけて農業を営んでいた。天正16年(1588年)の検地によると、才谷村の石高は15町5反6代3歩、小作人45人がいる中で1町あまりの土地を所有しているのは3人とあり、地域の有力な農民であったようだ。

坂本家が才谷村から高知城下に移ったのは、江戸前期の寛文6年(1666年)、4代・八兵衛守之のときである。守之は本丁筋3丁目に家を借りて質屋を開業し、屋号は出身の地名にちなんで「才谷屋」とさだめた。

守之は商才にめぐまれていたようで、延宝5年(1677年)に酒株を買い酒造業をはじめると、さらに元禄7年(1694年)には諸品売買にも手を広げて、才谷屋の基礎を着々と固めた。

寺石正路 『南国遺事』 聚景園武内書店、大正15年(1926年)

当時、高知城下の分限者は、中央にて仁尾久太夫と櫃屋道清、是第一けり。下町にては酒屋の根来屋又三郎(桂井素庵の事)、上町にては此坂本の才谷屋八兵衛等皆屈指のものなりき。(因にいふ浅井川崎両家は、文化文政以後の出世にて当時は其名なし)

あとをついだ5代・八郎兵衛正禎は、元禄14年(1701年)、本丁筋3丁目に間口6間(約10m)、奥行18間(約32m)の大きな屋敷を買い、呉服販売・鬢付油製造をはじめるなど事業を拡大させた。その実力を認められた正禎は、享保16年(1731年)に本丁筋の町年寄に選ばれ、藩主への目通りも許されるほどの分限となる。

その後も才谷屋は驚異的な発展をみせ、城下町において豪商の播磨屋、富商の櫃屋と肩をならべるほどの大商人となった。

上町の年寄役をつとめた6代・八郎兵衛直益の時代に才谷屋は最盛期をむかえる。『南国遺事』には、「其本丁の店は間口八、九間、奥行数十間の大土造構にて、数棟の酒倉は甍を争ひ、使用する童僕婢女の数さへ十余人に上り、店務繁昌の有様は余所の見る目も羨む程なりきとぞ」と繁栄のさまが書かれており、「浅井金持、川崎地持、上の才谷屋道具持、下の才谷屋娘持」と俗謡にうたわれたほどだった。

【明智左馬之助】
明智光秀の家臣で娘婿。明智弥平次秀満とも。光秀に従い本能寺で織田信長を討ち果たし、その後安土城の防衛にあたる。山崎合戦の敗報を受け、安土城から居城である坂本城に移ったさい、琵琶湖の湖上を愛馬大鹿毛で渡ったという逸話が残されている。

郷士坂本家の誕生

明和7年(1770年)3月、土佐藩庁が幡多郡開発のため新規郷士を募集すると、八郎兵衛直益はこれに応じて郷士の資格を取得した。そして財産分与のさい、長男・八平直海が分家して郷士坂本家を創立し、次男・八次直清が才谷屋を相続した。なお、このときに大濱から坂本に姓を変えている。

坂本の姓については、明智光秀の明智家と関係があるとも伝わるが、明智の居城が近江国滋賀郡坂本にあったこと、家紋が同じ桔梗紋であったことから結びつけられた俗説に過ぎない。だが、明智一門であるという伝承は、一族の中では強く信じられていたようだ。

その後、坂本家は2代・八蔵直澄、3代・八平直足(養子)、4代・権平直方とつづき、権平の弟が龍馬直柔である。権平のあとは、婿養子の坂本清次郎が離籍したため、妹千鶴の次男・坂本南海男(高松習吉)を養子としてむかえている。

龍馬の家督は、妻お龍との間に子がなかったので姉千鶴の長男・高松太郎が、明治4年(1871年)に永世15人扶持をたまわり、名を坂本直とあらため相続している。

一方、本家の才谷屋は、幕末のころになると家運が傾きはじめていた。嘉永2年(1849年)に八太郎直与が酒造業を他家にゆずると、もっぱら質屋と藩士の家禄米を抵当に金銭を貸し出す仕送屋を営んでいた。

ところが、明治維新によって封建制度が崩壊し士族が没落すると、貸し付けた金の大半が貸し倒れとなってしまう。藩士との結びつきが深かったことがわざわいしたのである。大打撃を受けた才谷屋は、ふたたび隆盛することなく衰退の一途をたどり、明治15年(1882年)に破産した。

土佐の郷士制度

土佐藩独特の郷士制度は、関ヶ原の合戦に敗れた長宗我部盛親が土佐国を没収され、かわって遠州掛川の山内一豊が新たな国主として土佐へ来たときに生まれたものである。

一豊は譜代の家臣と新たに召抱えた諸国の浪人を引きつれて入国し、長宗我部遺臣たちを農民に落として支配した。生活の道をたたれた彼らは長宗我部家再興を求めたがかなわず、一領具足(普段は田畑を耕作する在郷の武士)と呼ばれた下級武士が中心となり、浦戸城に立てこもる一揆をおこした。

これに対し一豊は徹底した武断措置でのぞむ。謀略をもって一領具足273人を討ち取り鎮圧すると、2ヶ月後に入国したさい山内家主催の相撲大会を開き、見物にきた残党73人を捕らえ種崎浜ではりつけの刑に処したのである。

結果、長宗我部遺臣の上層部は国外に出て仕官の道をもとめ、一領具足のほとんどは帰農していった。一領具足の中にも積極的に協力したものや、技能を有したものは仕官を許されたが一部に過ぎず、不穏な空気の渦巻くなかで山内家の統治がはじまった

そこで慶長18年(1863年)、土佐藩は布告を発し、長宗我部遺臣を郷士として取りたて香美郡山田村の新田開発にあたらせた。これが郷士制度のはじまりで、彼らは慶長郷士とよばれる。藩が郷士起用にふみきったのは、長宗我部遺臣の生活を助け不満をやわらげる懐柔策と、あわせて新田開発および戦闘員の補充という富国強兵策に役立たせるねらいがあったためである。

だが、山内家の藩士が上士として郷士の上におかれ、階級差別が厳格にしめされていたので、上士と郷士の間には他藩よりも激しい対立関係がみられた。

その後も郷士起用は拡充され、長宗我部遺臣の子孫で郷士となったものは時代とともに増加していった。しかし、一方で病気や貧困のため領知や身分を維持することができないものがあらわれ、郷士株を金銭で他家にゆずるものが出てきた。郷士株をゆずり地位を失ったものを地下浪人といい、金銭で買い取り郷士となったものを譲受郷士という。

郷士株の他ゆずり条件の緩和は、商品経済の浸透による豪農・豪商の台頭と、下級武士の困窮によっていっそう広がりをみせた。そして江戸中期の宝暦13年(1763年)には、未開地が多い土佐西部の幡多郡を開墾するため、身分にかかわらず新規郷士の募集がおこなわれた。

これまでは百姓や町人が郷士となるためには他からのゆずり受けしかなかったものが、一定の基準をみたすことで武士の身分を手に入れる道が開かれたのである。ここにはじめて町人郷士が出現し、これ以降、郷士の数は増加していった。龍馬の坂本家も明和7年(1770年)にこの幡多郷士に取りたてられ、町人郷士となっている。

1 2


▲ 一番上にもどる