RYOMADNA

3. 11月15日

京都は雨だった

坂本龍馬最後の日。慶応3年(1867年)11月15日、京都は前日より雨がふっていたが、午前9時ごろにはやみ、午後はふったりやんだり、夜には雨はあがる寒い1日でした。

大塚武松編『嵯峨実愛日記:原題続愚林記』

十五日甲子 雨降、辰半後雨休、午後晴雨交、雲南行

午後3時、近江屋にいた龍馬は、近くの酒屋・大和屋に下宿する土佐藩参政・福岡藤次のもとをおとずれました。

しかし、福岡が不在だったため龍馬は帰宅し、午後5時ごろに再訪しますが、福岡はもどっていません。

このとき福岡の従者が、「先ほど名札を持った使者が、坂本先生はお宅に来ていませんか、とたずねてきました」と告げたといいます。

帰りぎわに龍馬は、留守をしていた福岡の愛人おかよに、「福岡先生のお帰りは遅いようだ。帰ってくるまで、僕の宿に話しにおいで」と声をかけ、近江屋へ帰りました。

誘われたかのじょは、行こうとするところを、従者に引き止められたので断り、その夜の危難をまぬがれることができました。(「福岡子爵未亡人より実話を拝聴」『雋傑坂本龍馬』)

近江屋ニテ

夕刻、陸援隊長の中岡慎太郎は、河原町通りにある書店・菊屋をおとずれます。そこで、菊屋のせがれ峰吉に手紙を託し、その返事を近江屋に持参するよう依頼しました。

菊屋峰吉
菊屋峰吉
菊屋峰吉

土佐藩御用達の書店菊屋の長男。龍馬や中岡慎太郎に「峰や」と呼ばれ、可愛がられていた。近江屋事件では、龍馬の使いで出ていたため難をまぬがれており、事件を白河陸援隊屯所に知らせている。明治10年(1877年)の西南戦争では、熊本鎮台司令長官谷干城の知遇を得て、会計方軍夫として従軍した。

その後、中岡は付近に下宿する谷干城をたずねますが、不在だったためそのまま近江屋に向かい、午後6時ごろに到着します。

中岡の訪問は、三条制札事件で新選組にとらえられていた土佐上士・宮川助五郎の身柄引き取りについて、龍馬と相談するためでした。

宮川は元土佐勤王党の同志で、前年9月、京都三条大橋にかかげられた長州藩を非難する制札を破棄して、新選組に捕縛されました。

土佐藩と会津藩が交渉した結果、釈放されることが決まりますが、宮川は脱藩の身で事件をおこしているため、土佐に送還されると厳罰はまぬがれません。

そこで参政の福岡は、中岡にその処置を一任。中岡はこのことを協議するため、この夜龍馬をたずねたのでした。

宮川助五郎

土佐藩士。家格は馬廻役という上士であったが、土佐勤王党に加盟して尊攘運動に奔走。文久2年(1862年)、山内容堂の護衛を目的とした五十人組を結成し、総組頭として江戸に出る。慶応2年(1866年)9月、三条大橋の制札を破棄しようとして新選組に捕縛されたが、のちに土佐藩に引き渡された。戊辰戦争に従軍して戦功を立て、明治3年(1870年)3月に死去した。

龍馬は近江屋の2階に中岡をむかえ、奥8畳間で床の間を背にしてすわり、火鉢と行灯を間にはさんで話を聞きました。

となりの部屋では、元相撲とりの従僕・山田藤吉が、内職の楊子削りをしていました。1階には、近江屋の主人・新助と妻すみ、ふたりの子供がいました。

近江屋の2階
近江屋の2階

龍馬と中岡が面談していると、大坂に出張していた海援隊士の宮地彦三郎が、帰京の報告のため近江屋に立ち寄りました。

宮地が階下からあいさつすると、龍馬は大声でねぎらい、「2階にあがってこないか」と誘います。中岡も「彦三郎、あがって来い」と言います。

帰途だった宮地は、「ひとまず宿に帰り、旅装を解いた後で伺います」とこたえ、下宿へと帰っていきました。

宮地の話からは、ふたりに警戒している雰囲気は感じられません。

宮地美彦『宮地彦三郎真雄略伝』

長岡は猶ほ大阪に滞在し、彦三郎は同(十一月)十五日伏見を過ぎて帰京し、河原町なる近江屋新助方に坂本隊長を音づれしに、坂本は二階座敷に在りて中岡慎太郎と曩に事によりて会津藩吏に捕へられし宮川某等を、藩へ引取りの件につき密議中なりしが、二階より声高にて使命を終へて帰京せるを労し、且つ二階に上り来らぬかと云はれ、中岡氏も亦、彦三郎上り来らずや、と云はれしも、帰途なれば一先づ帰宿して旅装を解きて改めて御伺せんと、階下より挨拶してやがて下宿に帰りたり。帰宿後少時にして同志より、唯今近江屋へ刺客来襲して坂本、中岡二隊長を殪せりとの急報に接し、愕き馳せて近江屋に到れば、既に藩邸の人々、同志の者等座に在りしが、坂本氏は一言二言許り話して間もなく息絶え、又刺客の取次をなせる僕藤吉も重傷のため虫の音をもらすのみ。
中岡氏は重傷なれども元気に刺客の様子、進入前後の模様など語りて同志の将来を誡められたり。かくて同夜は同志の人々と共に近江屋にて夜伽をなし、或は第二の刺客襲来に備ふるため、相当の警戒をなせり。
翌十六日も中岡氏の手当て、坂本氏の葬式準備をなせしが、同日僕藤吉も終に絶命し、又其翌十七日には、中岡氏も亦終に逝けり。嗚呼両隊長を一時に撃れし同志の感慨如何ぞや。一同悲憤の涙を呑んで警戒に、両雄の後始末に、復仇に、其他何くれと奔走し、十七日夜に入り両隊の士は短銃を懐中し、或は匕首を袴下にせて、藩内外の有志と共に両隊長の遺骸を衛りて、霊山に埋葬式をあぐ。彦三郎亦短銃を懐にして葬式に列す。

最後の晩餐

その後、中岡にたのまれた用事をおえた菊屋峰吉が、午後7時ごろに近江屋にやってきました。ほとんど同時に、土佐藩下目付・岡本健三郎もきて、龍馬の雑談にくわわります。

岡本健三郎
岡本健三郎
岡本健三郎

土佐藩士。後年の松平春嶽の回顧によれば、文久2年(1862年)に龍馬とともに勝海舟への紹介状を求めたとある。慶応3年(1867年)10月、松平春嶽の上洛を求める龍馬に同行して越前福井を訪れ、三岡八郎(由利公正)との会談に同席した。維新後は大政官権判事、大蔵大丞を歴任したが、明治6年(1873年)、征韓論に敗れて下野。板垣退助らとともに民選議院設立建白書作成した。晩年は実業界に入り、日本郵船会社の理事などをつとめた。

しばらくすると、空腹をおぼえた龍馬が、「軍鶏鍋を食べたい」と言い出しました。買い物を引き受けた峰吉が出かけると、それを機に岡本も近江屋を辞去しました。

2階には龍馬と中岡、それに藤吉の3名がのこされました。

暗殺直前の配置図
暗殺直前の配置図

四条通りで岡本とわかれた峰吉は、近くの鳥肉屋・鳥新にむかいますが、あいにく軍鶏は売り切れ。用意までに30分ほどかかり、峰吉が引き返したのは、午後9時をすぎていました。

その間に、惨劇はおこります。


 TOP