RYOMADNA

4. 龍馬暗殺

コナクソ!!

午後9時をすぎたころ、近江屋の表で来意をつげる声がありました。

龍馬の従僕・藤吉が応対に出ると、そこには武士が一人立っています。「信州松代(十津川郷とも)のものだが、才谷先生ご在宅ならばお目にかかりたい」と、名刺を藤吉に差し出しました。

あやしむことなく名刺を受け取ると、2階の龍馬に取り次ぐため、藤吉は階段をのぼっていきます。

背をむけたその隙に、3人の刺客が屋内に侵入。ひとりは藤吉のあとを追いかけ、のぼりつめたところでその背を抜き打ちに斬りつけました。藤吉は抵抗しますが、さらに数太刀あびせられ、その場に斬りたおされました。

2階奥の間では龍馬と中岡慎太郎が、火鉢をはさんで談話しています。大きな物音を聞き、龍馬は誰かがふざけていると思って、「ホタエナっ(騒ぐな。土佐の方言)」と大喝しました。

その瞬間、ふすまが開かれ、刺客が部屋に飛び込んできました。ひとりは「コナクソ!!(この野郎。四国の方言)」とさけびながら中岡の後頭部、ひとりは龍馬の前額部を横にはらいました。

ホタエナ

「坂本と中岡の死」『坂本龍馬関係文書 第二』の中に「店頭にて若者共が戯れ居るならむと思ひ「ホタエナ」と一聲叱咤せり」とある。

コナクソ

『谷干城遺稿』(島内登志衛編、明治45年)の中に「そして置いて矢庭にコナクソと云つて斬つた」とある。

もう、駄目だ

ふたりの手もとに刀はなく、龍馬は床の間、中岡も屏風の後ろに置いていました。

龍馬は佩刀(陸奥守吉行・長二尺二寸)を取ろうと、背後へ身をひねります。しかし、刺客はその動きを見のがさず、二の太刀が、右肩先から袈裟がけに龍馬の背中をはしりました。

それでも龍馬は刀をつかんで立ちあがると、せまる刺客の三の太刀を鞘のままで受け止めました。

しかし、刺客の斬撃は凄まじく、鞘越し3寸程刀身を斜めにけずり、その余勢をもって龍馬の前額部を鉢巻なりに深く横にはらいました。

脳しょうが吹き出し、もはやこらえきれず、龍馬はその場にくずれ落ちました。

一方、中岡も刀を取る余裕がなく、腰にさしていた短刀で鞘のまま防戦。初太刀の深手で思うように体が動かず、左右の手足を斬られ、ついに昏倒しました。

このとき、かれの右手首は、わずかに皮を止めてほとんど切断されていたといいます。

刺客は、中岡のでん部を骨に達するほど深く斬りつけ、その死を確かめると、「もうよい、もうよい」との言葉をのこして立ち去りました。

中岡はこの激痛で蘇生しましたが、そのまま死んだフリをしてやり過ごします。

ほどなくして、龍馬が意識を回復しました。

刀を支えに身をおこすと刃先を行灯の火に照らし、「残念、残念」とつぶやきながら、中岡に向かい「慎太、どうした。手が利くか」とたずねます。「利く」と、中岡が応じます。

すると龍馬は、行灯を片手に隣の6畳間まではって行き、手すりのところから、「新助、医者をよべ」と、階下に声をかけました。

だが、すでに力は尽きていて、「慎太、僕は脳をやられている。もう、駄目だ」と言いのこし、龍馬は絶命しました。

中岡は、痛みに耐えながら裏の物干しにはい出て、近江屋の家人をよびましたが答えはありません。やむなく、さらに北隣の屋上まで進みましたが、流血のためはげしい悪寒が襲い、ふたたび意識をうしないました。

龍馬遭難時の佩刀と拳銃
龍馬遭難時の佩刀と拳銃

惨劇のあと

一方、近江屋の1階奥の間には、井口新助夫婦とふたりの子がいました。

突然のけたたましい物音に驚き、異変をかんじた新助は、土佐藩邸に急報しようとします。藩邸は近江屋と道をひとつはさんだ向かいにあります。

しかし、表口には見張りらしき男が立っており、やむなく引きかえすと、妻子の頭上から布団をかぶせ押さえて、「声を立ててはいかん。静かにせい」と、息をひそめていました。

しばらくして、近江屋は静寂を取りもどします。新助は様子をうかがいながら、裏口から裏寺町へぬけ出ると、蛸薬師の図子(細道)から土佐藩邸に注進しました。

知らせを受けた藩邸からは、さっそく下横目の島田庄作が近江屋にかけつけます。刺客の姿はなく、島田が抜刀して屋内の様子をうかがいるところへ、軍鶏肉をたずさえた峰吉が帰ってきました。

島田は、驚く峰吉に、「峰吉か、しずかにせい。いま龍馬がやられた。賊はまだ2階にいる。出てきたら斬ろうと思って待っているのじゃ」と告げます。

しかし、本気にしない峰吉は「そんなことがありますものか」とかまわず屋内に入り、中を確認してまわりました。そして、2階への階段をあがりかけたところで、たらたら血が流れ落ちていることに気づきます。

急いで階段をかけあがると、上り口には藤吉が横倒れに苦しんでいました。奥の部屋では血の海の中に龍馬、隣家の屋根にうつったところで苦悶する中岡を発見します。

峰吉が大声で助けをよぶと、島田と新助が2階にあがってきて、力をあわせて中岡を座敷へと運びもどしました。

事件現場
事件現場

 TOP