RYOMADNA

5. 惨劇の後

駆けつけた同志たち

土佐藩邸と近江屋は、道をはさんだ向かいにあり、藩邸から医者の川村盈進が派遣され、治療にあたりました。

坂本龍馬は眉間のあたりを深く斬られており、まだ体温はのこっていましたが、すでに事切れていました。中岡慎太郎は数十ヶ所を斬られる重傷を負いながらも、意識ははっきりしていました。

馬場文英(福岡藩御用達の呉服商)が書いたとされる『土藩坂本龍馬伝』には、「其遺骸を点検するに、直柔は大小三十四ヶ所。慎太郎は大小とも二十八ヶ所。僕藤吉は大小共に七ヶ所の洟を受得たり」との記録があり、無数の刀傷があったことを伝えています。

その間に、藩邸から曽和慎八郎、大森方(越後屋とも)から谷干城と毛利恭助が近江屋にかけつけました。

土佐藩上層部にも事件はつたわっており、側用役・寺村左膳は、芝居見物のかえり道で家来から「龍馬は即死。中岡は息があり、治療を受けています」との報告を受けています。(「寺村左膳道成日記」)

在京の海援隊士では、土岐真金が、岡本健三郎とともにかけつけました。かれらが到着したとき、中岡にはまだ意識があり、介抱をしながら事件の様子を聞き、遅れてきた陸援隊士・田中顕助に中岡の遺言をつたえました。

また、白峰駿馬や宮地彦三郎も知らせを聞き、ぞくぞくとかけつけました。

中岡の「陸援隊に通知せよ」との命を受け、峰吉は裸馬にまたがり、白川土佐藩邸にある陸援隊本陣に注進します。

田中顕助はおっとり刀で藩邸を飛び出し、途中の薩摩藩邸で吉井幸輔と合流し、近江屋に到着しました。その後、一足おくれて陸援隊士の本川安太郎、香川敬三がやってきました。

谷干城
谷干城
谷干城

土佐藩士。子爵。江戸に出て安井息軒に学び、帰国して藩校致道館の史学助教授に任ぜられた。文久元年(1861年)、武市半平太と出会って尊王攘夷に傾倒し、慶応2年(1866年)の長崎視察のさい、後藤象二郎や坂本龍馬と交わる。翌年5月には、中岡慎太郎の仲介で薩摩藩の西郷吉之助らと会見し、薩土討幕の密約を結んだ。戊辰戦争では藩兵大監察として戦功を立て、維新後は陸軍に出仕。明治10年(1877年)、西南戦争の際には熊本城を死守し、勇名を馳せた。

田中顕助
田中顕助
田中顕助

土佐藩士。伯爵。武市半平太に師事し、土佐勤王党に参加。八月十八日の政変を契機に弾圧がはじまると、元治元年(1864年)には脱藩して長州に渡り、高杉晋作の知遇を受ける。慶応3年(1867年)、中岡慎太郎率いる陸援隊に幹部として加わる。中岡亡き後は副隊長として同隊を統率し、鳥羽・伏見の戦いでは高野山に陣取って紀州藩を牽制した。維新後は宮内大臣などの要職を歴任し、政界引退後は維新志士の遺墨の収集、保存に尽力した。

中岡慎太郎の証言

瀕死の重傷を負いながらも、中岡の意識ははっきりしており、あつまった同志にむかい次のように語りました。

    1. 『後藤象二郎』
      「因循姑息と罵りし幕府党中にも、這般の挙をなすものあり、諸君決して等閑なる勿れ」
      「誠に遺憾千万であるが、併し此通りである。速くやらなければ君方もやられるぞ」
    2. 「明治39年谷干城講演」『谷干城遺稿』
      「なかなか実にどうも鋭いやり方で自分等も随分従来油断はせぬが、何しろ非常な所謂武辺場数の奴に相違ない。此くらい自分等二人居つて不覚を取ることはせぬ筈だが、どうする間もない。たつたコナクソと言ふ一言でやられた」
    3. 「伯爵田中光顕口述」『坂本龍馬関係文書』
      「突然2人の男が2階へ駆上つて来て斬り掛つたので、僕は兼て君(即ち伯)から貰つて居た短刀で受けたが、何分手許に刀が無かつたものだから不覚を取つた」
    4. 『維新土佐勤王史』
      「手許に刀を置かざりし故に、不覚を取りき、諸君今後注意せよ」

陸援隊副長の田中顕助が、「長州の井上聞多をご覧なさい。あれ程斬られても、まだ生きている。先生、決して力を落とし給うな」と、中岡の枕もとで励まします。

井上の遭難とは、元治元年(1864年)9月に襲われ、数十カ所を斬られる重傷を負いましたが、医師の治療を受け一命を取りとめたことをさす。

だが、死をさとった中岡は後事を諸士にたのむと、とくに香川敬三に、「天下の大事は偏に岩倉公の之を負荷せられんことを願ふのみ、子之を岩倉公に告げよ」と遺言しました。(多田好問編『岩倉公実記』)

一時は気をとりもどし、焼き飯を食べるなどの回復をみせました。しかし、後頭部に受けた深い傷が致命傷となり、しだいに吐きけをもよおし、遂に17日の夕刻、中岡は絶命しました。享年25歳。


 TOP