RYOMADNA

天童頼澄

天童頼澄

天童頼澄
天童頼澄
天童頼澄
列伝

最上家庶流。最上八楯盟主。父・頼貞の死後、最上義光の攻撃を受け天童家は滅亡、母の実家・国分家を頼る。のち伊達政宗に出仕し、準一家の待遇を受けた。

‥φ(๑’ᴗ’๑)
天童頼澄は、最上家庶流で最上八楯盟主。頼貞の子。父の死後に家督をつぎますが、最上義光の攻撃を受け天童家は滅亡。母の実家である国分家を頼り、頼貞の娘を妻としていた秋保直盛のもとに身を寄せました。のち伊達政宗に出仕し、準一家の待遇を受けました。男子がいなかったため、留守政景の次男が養嗣子となり、子孫は伊達家臣として存続しました。


 TOP