RYOMADNA

 2000年02月01日 <--
多田新蔵 列伝 武田家臣。満頼の子。長篠合戦では徳川軍に助命されたが、武士の名折れと敵陣に斬り込み
-->
 2000年02月01日 <--
大熊常光 列伝 武田家臣。朝秀の嫡男。真田昌幸配下で馬廻役として活躍。武田滅亡後は真田家に仕え、小
-->
 2000年02月01日 <--
板垣信憲 列伝 武田家臣。板垣信方の子。父の死後家督を継ぎ、武田家最高職の「両織」に任ぜられた。幾
-->
 2000年02月01日 <--
乾正信 列伝 山内家臣。板垣信憲の子。父と共に武田家を追放されたが、小田原征伐で活躍し山内一豊に召
-->
 2000年02月01日 <--
駒井政直 列伝 武田家臣。駒井高白斎の子。信玄・勝頼の2代に侍大将として仕えた。武田家滅亡後は徳川
-->
 2000年02月01日 <--
蘆田康国 列伝 徳川家臣。蘆田信蕃の長男。父の死後家督を継ぎ、家康から松平姓と小諸城を与えられた。
-->
 2000年02月01日 <--
土屋貞綱 列伝 武田家臣。はじめ今川家に属すが、武田信玄の駿河侵略に降り家臣となる。水軍大将として
-->
 2000年02月01日 <--
広瀬景房 列伝 武田家臣。信玄に「軽薄なる事なき勇士なり」と評され、赤備えの中で白母衣張の旗指物を
-->
 2000年02月01日 <--
三科形幸 列伝 武田家臣。武田の赤備えにおいて広瀬景房と並ぶ豪傑として知られ、金輪貫の旗指物を許さ
-->
 2000年02月01日 <--
早川幸豊 列伝 武田家臣。武田家滅亡時に徳川家康に降り、のちに井伊直政の付足軽大将となった。馬場信
-->

 TOP